Label

SKREAM 2nd アルバム“Outside The Box”2010.09.25 IN STORES!

Skream "Outside The Box"
  • Artist:Skream(スクリーム)
  • Title:Outside The Box(アウトサイド・ザ・ボックス)
  • Cat no:HYDRA-008
  • Price:¥1,980 (税込)
  • Release:2010.09.25
  • Label:HYDRA Records / Tempa
Skream "Outside The Box"

ダブステップ・ムーブメント遂に到来!

ロック、ハウス、ヒップホップ、ダブ……今では当たり前となっている音楽にも名前のない時代はあった。 ベッドルーム、ガレージ、スタジオ、クラブの片隅で生み落とされた音楽がいつのまにか多くの人々の心を、耳を鷲掴みにすることがある。純粋に音楽の持つ力だけで人々の耳目を集め、同時多発的でありながらもひとつの潮流となって世界へと広まっていく。そこには、必ずひとつのア ンセムがあり、カリスマ的とも言える注目を集めるアーティストがいる。Skream ことオリバー・ジョーンズは、16 才で学校を辞め、レコード屋で働き、ただひたすら曲を作りDJ を行ってきた。なによりも自分と仲間が心底楽しむために曲を作り、曲を聴かせあってきた。 2009 年、Skream が手がけたLa Roux の“ In For The Kill ”リミックスはイギリスで40万枚以上を売上げ ゴールド認定を受けた。20人弱の集まりでしかなかったSkream とその仲間が行うパーティ“FWD” も今では数千もの人々を集めるようになる。 Skream は一躍時代の寵児となった。 今や世界中の人々が彼の音楽を求め、Skream の名と共に“ダブステップ” という言葉が世界中を駆け巡っている。 そして2010年、誰もが待ち望んでいたSkreamの2ndアルバム「Outside The Box」が遂に発売される。

スクリームの音は音楽的に空いていた隙間を埋めた。(Independent新聞)

スクリームのエレクトロニックかつミニマルな独特な音はダブステップが1つのジャンルとして確立される一番大きな要素となった。(ATM誌)

スクリームはアンダーグラウンドだったダブステップと言う音楽をこのアルバムでオーバーグラウンドに持って行った。(UNCUT誌)

最重要英音楽新聞NMEのアワードセレモニー、Shockwaves NME Awards 2010でスクリーム制作のLa Roux “In For The Kill” のリミックスは”Best Dancefloor Filler”賞(最優秀ダンスミュージック曲)を受賞。 同曲La Rouxの”In For The Kill”のスクリームのリミックスは40万枚以上の売上でゴールドに認定された。

いよいよ爆発間近の日本のダブステップシーン。
その点火を任せられたのが本家の生みの親、 若干24歳でベテランのステイタスを持つ今ダンスミュージック全体で最も注目されているプロデューサー、その名はSKREAM(スクリーム)!!!
FUJI ROCK 2010出演した、Benga(ベンガ)※Bengaは事情により来日ならず とArtwork(アートワーク)といった同じく創始者クラスの2人と一緒に結成したMagnetic Man(マグネティック・マン)では世界音楽雑誌のトップ「NME」の表紙も飾った。

SKREAM - Interview

SKREAM - Biography

SKREAM(スクリーム)ことオリー・ジョーンズは今最も持っている。
今のSKREAMは世界中のアーティストの誰よりも勢いがあると言っても過言ではない。24歳ロンドン南の郊外クロイドン出身のこのDJ/プロデューサー/今やポップミュージック界も騒がせているダンスミュージックのジャンル、ダブステップの創始者の1人は去年の世界各地のフェスティバルのアンセムLa Rouxの'In For The Kill'の'Let's Get Ravey Remix'を持っている。FUJI ROCK 2010出演を成し遂げた、Benga(ベンガ※Bengaは事情により来日ならず) とArtwork(アートワーク)といった同じく創始者クラスの2人と一緒に結成したMagnetic Man(マグネティック・マン)では世界音楽雑誌のトップ「NME」の表紙も飾った。

2枚目のソロアルバム 'Outside The Box'(アウトサイド・ザ・ボックス)の先行シングルはBBC国営ラジオRADIO ONEでかかりまくっている。その先行シングルの曲は'Listening To The Records On My Wall'(リスニング・トゥ・ザ・レコーズ・オン・マイ・ウォール)はSKREAMの現在の栄光はまだまだ氷山の一角であることを示している。UKのストリート・ミュージックのここ数年を祝した、楽しさありつつ激しくエネルギッシュな曲で、Grooverider(グルーブライダー)のInternatty Crew(インターナッティー・クルー)の一員でもあった実兄であるHijack(ハイジャック)経由で聞いていた一昔前のハードコアやジャングルからインスピレーションを受けたことが明らかな一曲でもある。同時に、90年代に多少でもビート重視の音楽もしくはブレイクビーツを聞いていた人であれば共感出来る、極上のポップスの曲でもある。しかし本作は決して一昔前の音楽のリバイバル的なアルバムではない。自然と常に先を見ているSKREAMは本アルバム内で彼の才能の幅の広さを証明している : Living Legends (リビング・レジェンズ)の一員でもあるLA出身のラッパーMURS (マーズ)がフィーチャリングされているヒップホップの曲 8 Bit Baby (8ビット・ベイビー)、ベースのウォブル(揺れ)を効かせたダブステップの曲 Wibbler (ウィブラー)、幻想的なエレクトロニカの曲 Perferated (パーファレイテッド)、La Roux(ラルー)を迎えたダークかつトライバルな一曲 Finally (ファイナリー)高揚感溢れるジャングル・チューン The Epic Last Song (ザ・エピック・ラスト・ソング)等。

16歳で学校を辞めてクラブと白ラベル・アナログ学科に本腰を入れた時期から今までの間SKREAMは様々なことを成し遂げてきた。「学校は大嫌いだったし、学校も俺のこと嫌いだったよ。めったに行かなかったし、基本行きたくなかったんだ。初めてプレイステーションで音楽が作られてるのを見て、即決定だったね。他は考えられない。GCSE(イギリスの高校進学時に受ける国家試験)でAを5つ取った奴も知ってるけど今は人生がつまらなくてしょうがない顔してるよ。」

学校辞めてすぐ働いた場所が地元クロイドンのBig Apple Records(ビッグ・アプル・レコード)だった。ビッグ・アプルはストリート上がりのダンスミュージックにとっては、パンクでいうRough Trade(ラフトレード)のような存在だった。1998年当時、2ステップの売れっ子リミクサーだったArtwork (アートワーク)ことArthur Smith(アーサー・スミス)とDanny Harrison(ダニー・ハリソン)は2階にスタジオを持っていて、SKREAMとBENGAは1階の店のレジにいない時は必ずスタジオで地元の英雄達の仕事ぶりを観察していた。「店で働いてて学んだのは、知らない人間との話し方だね。土方が入ってきて2ステップ・ガレージのレコードを買いに来る時もあれば、大手流通会社が来る時もあったからね。色々違うとこ出身の違う人間に会えたんだ。」

ダブステップの初期の頃、彼とBig Appleのメンバーは自分達と周りの友達に聞かせる為に曲を作っていた。今や数千人を集める正真正銘のビッグパーティーとなった'FWD>>'も最初は20人弱で集まって曲を聴いてた。しかしそこはレジデントを勤めるDJ Hatcha(ハッチャー)が最初にSKREAMの曲をかけたイベントでもあり、本人が最初にDJした場所でもある。 その音楽の純粋なパワーに惹かれ、徐々に人が増えつつ、BBC RADIO ONEのMary Anne Hobbs(メリ・アン・ホブズ)が大きく取り上げたり、ウェブ上であっという間に殺到したフォーラムが出来たりした。そんな中誰の名前が最も響いていたかと言うと、Midnight Request Line(ミッドナイト・リクエスト・ライン)といったダブステップの一番最初のヒット曲を生んだSKREAMだった。 「あの曲は初めてメインストリームの人達がアンダーグラウンドをのぞき出した頃の曲なんだ。当時はまだのぞいて「ムーブメントが起きてるんだ、へぇー」で終わってたけどね。」

そして2006年にHot Chip(ホット・チップ)の曲 'No Fit State'(ノー・フィット・ステート)のパーツを入手した彼はリミックスを作りクラブでかけて行った。その翌年The Klaxons(ザ・クラクソンズ)に連絡して'Not Over Yet'(ノット・オーバー・イェット)のパーツを入手して、曲の骨組みを変え、シンセや特徴的なベースを加え完全に自分の曲にした。そしてその次に来たのがかの有名なLa Rouxのリミックス。SKREAMの'In For The Kill'(イン・フォー・ザ・キル)のリミックスはウェブ上に漏れ、数万回ダウンロードされて、終いにはBBC RADIO ONEの有名DJ Annie Mac (アニー・マック)が国営放送でリスナーにその月のナンバーワンにするよう呼びかけた。

彼は昔から制作ペースは異常に早い。現在アルバムは2枚(本作入れて)、コンピレーション2枚、2003年から合計81曲リリースしたが、DJでかけたオリジナルは数百曲ある。2007年から使っているハードディスクには872曲の未完成の曲が入っていて(2001年から2007年まで使っていたハードディスクにも同じぐらい入っている)、未だに実家の寝室にある彼のスタジオには20,000曲以上の曲データが入っている。「俺は作るのが早いんだ。作り出して25分後にそこまで面白くないと思ったら、次の曲を始めるんだ。」

本作「Outside The Box」は一人の天才アーティストがより広い層に自分の才能を見せる為に作り上げた力作だ。しかし世界中にいる何百万人の彼のファンが惚れ込んだ彼の音楽特有の生々しさ、快楽さ、感情的に狂って暴れさせる要素は決して妥協していない。 例えば'Where You Should Be'(ウェア・ユー・シュッド・ビー)。シンガー・ソングライター Sam Frank(サム・フランク)をフィーチャーしたこの曲はThe Streets(ザ・ストリーツ)のMike Skinner(マイク・スキナー)が一生をクラブで過ごしていたら作ったかもしれない名曲。 本人は「あの曲には多分一生飽きないと思う。余裕で既に500回以上聞いてるけどね。フロア向けではないしね。」と言う。
8ビットのコンピューターゲームにインスパイアされた'CPU'やFreckles(フレクルズ)、Daft Punk(ダフト・パンク)色のボーカルが目立つ'How Real'(ハウ・リアル)、タフでありつつ鼓動のような落ちつきも感じられる'Fields Of Emotion'(フィールズ・オブ・エモーション)。ディスコの女王 Jocelyn Brown(ジョセリン・ブラウン)をサンプルした'I Love The Way'(アイ・ラブ・ザ・ウェイ)は歴史に残る数々のフェスティバルでのセット(Pukkelpop, Glastonbury, Roskilde等)でかける度に客を爆発させた。 アルバムの最後の方につれ全く新しい方向性も見える。例えば'Reflections'(リフレクションズ)はドラムンベースの大御所達dBridge(ディーブリッジ)とInstra:mental(インストラ:メンタル)との共作だった。 「全く新しい作業方法に目を開かされた。俺がベースを弾いてて、彼らがドラムのプログラミングとパッドを叩いてストリングスを弾いてたんだ。今まではパソコンのスクリーンの前に座って着くるのに慣れてたからね。」
そして'Song For Lenny'は亡くなった友達に送る音楽のメッセージ。 アルバム以外でもとても忙しいオリバー・ジョーンズ。年頭にちょっとDJから休憩を取った彼はDJの現場に戻り、内容的に変化を見せて四つ打ち、テクノ、ガレッジ、グライム等もふんだんにセットに取り込み、Rinse FMでBENGAと一緒にラジオ番組もやっている。 今年は間違いなくSKREAMがダンスミュージックシーンに限らず、日本を含む世界のポピュラー・ミュージック・シーン自体にその名を大きく刻む年になることは間違いない。

Track List

  • 1. Perferated
  • 2. 8 Bit Baby (feat. Murs)
  • 3. CPU
  • 4. Where You Should Be (feat. Sam Frank)
  • 5. How Real (feat. Freckles)
  • 6. Fields of Emotion
  • 7. I Love The Way
  • 8. Listenin’ To The Records On My Wall
  • 9. Wibbler
  • 10. Metamorphosis
  • 11. Finally (feat. La Roux)
  • 12. Reflections (feat. dBridge & Instra:mental)
  • 13. A Song For Lenny
  • 14. The Epic Last Song
  • 15. Rave again ※Bonus track for Japan
  • 16. City Lights (feat.Sam Frank) ※Bonus track for Japan

Copyright © 2013 Hydra Inc. All rights reserved.